優良掲載サイト

優良掲載サイト

慌てる乞食はもらいが少ない?

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化のサービスがどんどん進化して、多様化しています。このようにサービスが多様化する中で人気なのが、クレジットカード現金化当日振り込みサービスです。これは文字通り申し込んだ当日に現金が振り込まれるというかなり便利なサービスなのですが、便利なものにはそれなりのコストが掛かります。そのことをしっかりと把握した上で利用するのが賢い利用法だと思いますので、クレジットカード現金化当日振り込みの善し悪しについて考えてみました。
当日振り込みサービスは、おおむね14時くらいまでに申し込みをすればその日のうちに現金が振り込まれるという内容です。急なお金の入り用で困っている人にとっては渡り人に船とも言えるサービスですが、その分だけコストは高くなります。つまり還元率が低くなります。90%前後の還元率を提示している業者でも20%程度のマイナスは避けられないので、70%前後になると考えておいたほうが良いでしょう。
これを、具体的なコストとして計算してみることにしましょう。クレジットカード現金化に掛かるコストは主に2つで、現金化の際に掛かる手数料と、カード会社に支払う分割手数料です。
カード会社に支払う分割手数料は分割する回数やカード会社によってまちまちですが、おおむね15%前後だと考えておけば問題ありません。消費者金融よりも少し安いというレベルです。ここにクレジットカード現金化に掛かるコストを加えます。その計算式は以下の通りです。
カード決済額−(カード決済額×還元率)=現金化コスト
仮に還元率が90%の業者であれば、カード決済額に10%を掛けた金額が現金化コストです。
これを「どうしても今日お金がいる」としてクレジットカード現金化当日振り込みサービスを利用したとしましょう。還元率が20%ほど低くなるとすると、現金化コストは30%ほどに膨らみます。
還元率によっては消費者金融よりも有利または同レベルになるクレジットカード現金化ですが、当日サービスを利用するとどうしても消費者金融よりもコストが高くなることを押さえておきましょう。
「慌てる乞食はもらいが少ない」という、今となっては死語(放送禁止用語?)となっている言葉がありますが、クレジットカード現金化にもそれはしっかりと当てはまります。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ